top of page

コンクリート一体打ち+打ちっぱなし仕上げ~基礎工事完了。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


前回のブログに書いた通り、

このおうちは基礎断熱工法(床下エアコンあり)。

基礎のベースコンクリートと外周の立ち上がりコンクリートを

一体打ちしますので継ぎ目ができません。

一般的にはいったんベースコンクリートを平らに打設して、

そののち立ち上がりコンクリートを打つので継ぎ目ができます。

その継ぎ目からシロアリが侵入する可能性があると聞きます。

今回採用する基礎断熱工法は、基礎の内側(=床下)も屋内と同様の温熱環境となり、

シロアリにとっても暮らしやすい状況になるので、

シロアリの侵入に対してより慎重に対策する必要があるのです。


コンクリート一体打ちは、ただでさえ技術と前向きな気持ちが必要なのですが、

今回面積が大きいので特に大変そうです。

寒い時期のコンクリート打設になりましたので温度補正を。

より強度を上げたコンクリートを打ちます。


打設完了。


コンクリートが乾いたら、内周部の型枠を立てます。


今度は内周部の立ち上がり打設。


基礎工事完了です。雨で工期が大幅に伸びることもなく、

問題も発生せず、スマートに終えることができました。

いつも丁寧な施工をしてくれる土木業者さんに感謝です。

ありがとうございます!


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page