床下地

和歌山県海南市の改装リノベーション工事です。

フローリング張りの前に床の下地工事を。

今回は既存の床を撤去せず、重ね張りする事に。

こうする事で施工費、材料費、解体費、ごみ処分費を

抑えることが出来ます。

ただし、既存床を撤去し下地からやり直した方が床の水平が

確実に出せるし、床下の材が傷んでいれば取り替えたり、

断熱材を入れたり、必要であれば床下に防湿シートを敷いて

土間コンクリートを打てたりします。

それぞれメリット・デメリットがありますので、

ご予算や建物の状況に応じて施工法を選択します。



この工事では、元々ダイニングキッチン、畳の間、廊下であった部分を

大きな一部屋のLDKにしますので、床が同じ高さになるように材料を選んで

調整します。


羽柄材(下地などに使う材木。最終的に隠れてしまう部分に使い、

野材とも言います)は紀州材を使用。


「近くの山から切り出された材木を使う。」

本来すごく合理的なはずなのにそうでもないという現状。

そんな状況を少しでも変えていきたい。

日本の材木を使う事はすごく意味のあることなのですが、

それが高価となると使いづらいのは当たり前。

そのあたり材木業者さんともたくさんお話をして、

国産材をもっと気軽に使えるようにしていきたいと夢見てます。