2度目の調査

最終更新: 4日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


2月23日、前回調査しきれなかった和歌山県海南市の現場へ再び。

この日は小屋裏や床下に潜り込むので、一人で行って滑って天井を突き破って落ちたり、

床下から出られなくなったり(まず無いと思うが)してしまうと

しばらく発見されない事になるので嫁さんを助手として連行。


まず小屋裏調査。


勾配天井をご希望のため、これらの梁や束は見えてくることに。

だいぶ汚れてるなぁ。束傾いてるし。


続いて床下を。見たところ床下点検口はないが、畳をめくると・・・。

この部分だけ釘を打っておらず、簡単に床下に入れるようになってます。

指を入れる穴まで開けてくれているのは初めて見た。

当時の大工さん、私の為にありがとう。グッジョブ。

26枚ある畳のうち、5枚目をめくって発見できた。早い。嬉しい。

腐朽や白アリの害がないか、水漏れはないかなどチェック。

床下に使われている材木の寸法を見て、改装工事に必要な材寸を決めます。


1時間半ほどで調査終了。午後から知り合いの方が工事している岩出市の現場に見学に。

なぜか最近和風住宅ばかり縁がありますが、うちはこういう家専門ではございません。

洋風もマンションも行きます。

上手く写真で表現できてませんが面積はこの3倍以上あって宴会場みたいな雰囲気。

ちょっと圧倒されました。

この工事は設計士さんが入ってプランしているそうです。

床の仕上げはオークのフローリングを張るとの事。

これ、初めて見たのですが小屋裏に土を置いてあります。

大工さんは「断熱ちゃうか?」と言うてはりました。

いつでも見に来ていいと言ってくれたので遠慮なく行こう。


明日は我が家の雨漏り補修の防水工事初日。

住み始めて2週間で雨漏り発見。

中古物件恐るべし。でも自分の家でよかった。