造作キッチン、大工が作ります。

最終更新: 5日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事、造作キッチンを製作しています。


キッチンといいますと、各メーカーさんから多種多様な

システムキッチンが展開されています。

お求めやすい物から高価なものまで様々です。

使い勝手、商品の精度とも申し分なく、

ショールームに足を運べば担当の方が、様々な商品を組み合わせた

キッチンを提案してくれます。


私がお会いしてきたお施主様は、

「キッチンやお風呂は最低限のシステムキッチンやユニットバスでよいので、

無垢の木や自然素材を使ったおうちを建てたい」とお考えの方が多く、

私もその考えに共感し、素晴らしいと感じておりました。

今でもそれは変わっておりません。


ただ、キッチンがリビングやダイニングと一体になっていたりして、

キッチンが常に丸見えのプランとなると、

システムキッチンのツルっとした引出しの面材が放つ、

強烈な既製品感が気になってしまう場合があります。

「キッチンの引出しに無垢の木、使いたい」、

「無垢でなくても表面だけでも本物の木が良い」、

「天板はステンレスのバイブレーション加工がいい」

「引出しの取っ手にこんな金物使いたい」、

「お気に入りのタイルを張ってみたい」、

「調理器具を並べる棚が欲しい」、

「コンロはこれ、レンジフードはこれが使いたい」、

「食器洗い乾燥機も欲しい」などのご要望を叶えられるほか、

調理台や流し台の高さや大きさをミリ単位で設定でき、

間取りに合わせた無駄のない計画ができるのもメリットです。

現場の納まりの都合で何もかも可能でない場合もありますが、

基本的には自由にキッチンを作ることができます。


気になるのはやはり価格ですよね。

ですが、当店では造作キッチンをさほど特別なものと考えておらず、

通常の大工工事の中の一つと考えてます。

ですので、「造作キッチンですかー、高くなりますよ!」

という感覚はありません。

最もリーズナブルな価格帯のシステムキッチンには及ばないかもしれませんが、

比較の候補として加えていただける金額で製作できるものと考えております。

お見積りだけでもお気軽にお申しつけください。


さて、現場の造作キッチン政策の様子です。

こちらは面材にラワンベニヤを使っています。

のちに塗装して仕上げます。

向かって右がコンロ台、左が流し台です。


流し台の前はカウンターになっていてお食事はここでします。


レンジフードの面材も既製品ではなく、引出しと同じラワンベニヤで統一してます。

壁にはお好みのタイル、調理器具などを飾るように並べられる

無垢の木の棚を設けました。


まだ製作途中ですが、完成が楽しみです。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!