軒先化粧の屋根下地

(海草郡紀美野町)大木大師堂改装リフォーム工事、解体が終わり大工工事開始です。

三重県熊野の杉とヒノキが届きました。いい香りがしてます。

垂木を全部撤去したので新しいヒノキの垂木に取り替えてひねり金物で補強。 構造材もかすがい等で補強。

軒先は下から見えるのでキレイな材料で。 広小舞のみ取り付けた状態。

しかし良い天気。 今回、後から塗装するには狭くて不可能な部分が多いので 先に塗ってもらいました。 塗装後の材木を扱うのは非常に気を使い、作業効率が悪いので この選択が正しいかどうかは微妙な所・・・。手や服に着きますし。 塗料はキシラデコール。色はスプルースで。 周りの木に近い濃い茶色が馴染むかなとも思いましたが、 せっかくなので「新しくした感」を出してみようと思いこの色で。

軒を下から見たところ。これがこのまま仕上げになります。 節は気にしていなかったのですが、正面の目立つところには

できるだけ節の少ない物を。

軒先以外は下から見えないので構造用合板を張って屋根下地完了。 後は屋根屋さんにおまかせして瓦を葺いてもらいます。 きれいになるのが楽しみです。