赤土壁の中塗り仕上げ、左官さんが塗ってくれました。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


大阪府枚方市の木造住宅新築工事、

赤い土壁の中塗り仕上げを施工しました。


当店ブログにもたびたび登場しております、

土壁の中塗り仕上げ。

一体なんの事でしょうか?


昔の住宅の壁は、竹小舞を編んで土を分厚く塗ってあり、

その上に漆喰や綿壁などを塗って仕上げています。

厚い土は一度に塗りつけるのではなく、複数回に分けて塗り進めます。

「中塗り」という状態は、漆喰などの仕上げ材を塗るひとつ手前の段階。

つまり本来は仕上げではなく、まだ下地の段階なのですが、

これがまた十分に美しいのです。

土、砂、ワラを混ぜて塗られた壁は、程よく凹凸を生み、

味わいのある表情を作り出してくれます。

塗り壁の中ではかなりお安く施工ができるのも魅力です。


まずは下地として、石膏ボードの代わりにラスボードを張ります。

石膏ボードにブツブツと穴が開いたようなボードで、

この穴に左官材が入り込んで食いつきを良くします。

ラスボードの継ぎ目にはメッシュテープを張って

割れが出にくいようにしています。

そこに石膏プラスターを塗っていきます。


プラスターが乾かないうちに土を塗っていきます。

まずは赤土ではなく一般的な土で、ある程度厚みを付けていきます。



続いて赤土を塗っていきます。


一部、壁と天井がつながる部分は曲面になってます。

キレイに塗ってくれました。


赤土壁の中塗り仕上げ、完成です。


今回は赤土を使いましたので、お安い物とはなりませんでしたが、

「御津の家」、「わかやまの家」で採用した壁は、

壁紙と比べるとやはり高価ですが、左官さんが施工する塗り壁、

という部類の中ではかなりお得に施工できます。

ぜひ候補に取り入れて見られてはいかがでしょうか?


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント