top of page

構造補強、基礎断熱、透湿防水シートなどの工事を進めてます。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


1か月以上にわたる屋根下地工事が終わり、

ようやく平らなところで仕事ができるようになりました。

やっぱり傾いたところに長くいると足がしんどいですね。


構造計算により定められた位置に必要な金物を取り付け。


外壁に耐力面材を張ります。今回はダイライトMS。

仕様に合わせてモイスTMを採用することもあります。

必要な強度を得るため、使用する釘の種類と間隔は決められています。

釘のめりこみは厳禁なので、エアツールで少し釘の頭が浮くくらいで打って、

あとは金づちで打ち込みます。手がパンパンになりますよ。


最近、耐力面材で補強するのでめっきり少なくなった筋違(すじかい)。

見づらいですが、右端の柱の上下に太いボルトと金物が付いてます。

柱の引き抜き力が強くかかる部分は、より強い金物を取り付ける必要があります。


耐力面材を張ったら途端に屋内感。

さっきまで透け透けだったのに。


柱・間柱に防蟻・木材不朽予防剤エコボロンPRO。ホウ酸が主原料です。

柱の外側は耐力面材を張る前に塗布済み。


床下地の針葉樹構造用合板にも塗布。

たぶん噴霧器を使えば早いのだろうけど。


基礎断熱材施工。スタイロエースⅡの60mmを張り付け。

隙間は発泡ウレタンで塞ぎます。


耐力面材の上に透湿防水シート、タイベックシルバーを張る。

ホチキス状の針で打ち付けますが、

むやみに打つと穴だらけになって良くないと考えますので

落ちない程度に打ってます。

透湿防水シートは二次防水として雨水の侵入を防ぐため、めっちゃくちゃ大事です。

防水という意味では、一次防水となる外壁表面の仕上げ材

(塗り壁、とか板張り、とか)より、ある意味大事だと考えてます。


それから通気胴縁18mm。屋根の時と同様に、壁に隙間を設け、

その隙間を通気させて湿気を逃します。


下部は虫などが入り込まないように防虫材を取り付け。


ここまでできれば大工による外部工事は終わり。本来なら。

しかし、このおうちは外周部にも木製造作建具が5か所もあるのです。

造作建具というもので、既製品の樹脂やアルミのサッシではないものです。

それらの枠を大工が造らなくてはならないのです。

まあ楽しい作業ではあるのですが、これまた日数がかかるので必死でやらねば。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page