衝撃。クロス張ったらベニヤ垂れた・・・

有田川町の店舗工事、工程表より少し前倒しの順調な進行具合、

だったのですが、おとといの夕方クロス屋さんから電話。

「天井にクロス張ったら様子がおかしいんですけど・・・。」

現場に着いてみると、 ↓。

迷う必要なくやり直し決定。これはダメ。


以前にも書きましたが、今回の工事は再利用できる物は使うという方針。

天井下地も再利用なのですが、木下地が45センチ角と通常より広く、

それに4mmベニヤ、その上にクロスを張ってありました。

そこに石膏ボードを重ね張りしてしまうと、多少補強したとしても

天井全体が重さで下がりそうなので、既存と同じく4mmベニヤの重ね張りを選択。

これが誤り。

4mmベニヤを45センチ角で釘で留めつけて、糊を塗ったクロスを張ると

釘が止まっていない部分のベニヤがクロスに引っ張られて垂れる、

というのがこの状況です。

見事に45センチごとにポコポコ膨らんでいます。

お恥ずかしい。


結局下地をやり直し、あさってからクロス工事再開。

施工は当初の予定よりむしろ良くなるものの、

せっかく早く進んでいた工事がそうでもなくなってしまい、

楽しみにされているお客様にはご迷惑をおかけしてしまいました。


※早々に報告してくれたクロス屋さんには本当に感謝です。

天井に続けて壁も張っていたら、天井やり直しの際に

壁を傷つけてそれも張り直し、となったでしょう。

ありがたいです。