給湯器、凍結破損の思い出

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


寒くなるようで。

天気予報でも水道管凍結・破裂の恐れを伝えてます。

破裂すると多額の修理費がかかる場合がありますので

油断してはいけません。

屋外の水道管(特に北側や風当りの強い場所)や

水道メーター廻りを保温する、とか

一晩中わずかに水を出しっぱなしにする

(もったいないですが器に溜めて利用すればOK)、

など対策する事で予防できます。


恥ずかしながら我が家は昨年の引っ越し中、

給湯器内の管が凍結・破裂し修理費を払う羽目になりました。

給湯器には凍結予防ヒーターが備わっているのですが、

数日に分けて引っ越し作業を進める中で

留守にする期間が長かったので

うっかり電気のブレーカーを落としてしまいました。

結果、ヒーターが作動せず → 凍結・破裂という運びに。

引っ越し再開の為、久しぶりに家に来てお湯を出そうとしたら、

給湯器から水が噴き出しました。

「これは故障ではない。しばらくしたら直る」と

自分に言い聞かせましたが無理でした。

無駄な出費をしたことに非常にショックだったのを覚えています。

皆様はこのような事の無いようにご注意ください。

※関係ない我が家の床の間の写真。なぜか照明が緑でコワイです・・・。

0件のコメント

最新記事

すべて表示