浅葱土の土壁、中塗り仕上げです。

最終更新: 5日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事、

左官さんが土壁の中塗り仕上げを施工してくれました。

今回は浅葱土(あさぎつち)というややグレーがかった土を使用したのですが、

さて、中塗り仕上げって何なのでしょうか?


昔の住宅の壁は、竹小舞を編んで土を分厚く塗ってあり、

その上に漆喰や綿壁などを塗って仕上げています。

厚い土は一度に塗りつけるのではなく、複数回に分けて塗り進めます。

「中塗り」という状態は、漆喰などの仕上げ材を塗るひとつ手前の段階。

つまり本来は仕上げではなく、まだ下地の段階なのですが、

これがまた十分に美しいのです。

土、砂、ワラを混ぜて塗られた壁は、程よく凹凸を生み、

味わいのある表情を作り出してくれます。

塗り壁の中ではかなりお安く施工ができるのも魅力です。


工程を見て行きましょう。

まずは下地として、石膏ボードの代わりにラスボードを張ります。

石膏ボードにブツブツと穴が開いたようなボードで、

この穴に左官材が入り込んで食いつきを良くします。

ラスボードの継ぎ目にはメッシュテープを張って

割れが出にくいようにしています。


まず石膏プラスターを塗り、乾かないうちに土を塗っていきます。

右が石膏プラスター。左が土を塗り重ねた部分。

土、砂、ワラ、水、と材料は自然素材だけです。





まだ乾燥してませんので色が濃い状態です。

乾くのが楽しみです。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!