柿渋(かきしぶ)で塗装。なかなかの匂いです。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


柿渋。シブガキの搾り汁を発酵・熟成した赤茶色の液体。

独特の匂いがします。

天然成分100%で、かつては住宅の外壁などの木部に耐水・防腐効果を

持たせるためにも使われていたようですが、現在では効果の上回る他の塗料に

取って代わられています。


この柿渋、とっても興味深い特徴がありまして、

塗った直後より日数が経つことにより色が濃くなってくる。

また、日光に当てる事でさらに発色する。らしい。

試してみたくなったのでやってみました。

↑ 商品と塗装前の木。ヒノキです。


一回塗った直後。うっすら桜色。きれいです。


かなり濃い茶色にしたかったので6回塗って日光にもガンガン当てました。


せっかくなので倉庫に余っていたほぼ節の無いヒノキ材を集めて

事務所の椅子にしました。

年月が経つにつれ、どんな風に色づいていくのか楽しみです。

0件のコメント