明日は豊能町へ

最終更新: 4日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


明日は、以前の勤め先でちょうど1年前にお引渡ししたおうちの

見学会が行われるので大阪府豊能町に行ってまいります。

設計・施工 ㈱建築士事務所民家(ここが建てる家は100%国産の材木!)。

なのですが、設計した水谷さんは西宮市で「Froh一級建築士事務所」を開設、

施工管理担当の私も地元に帰ってしまいましたので、

担当者二人とも退職してしまっているのですが、

民家ともお施主様とも、このようにお付き合いは続けさせていただいてます。



このおうちは工程が盛りだくさんでした。

1階の外部開口部はほとんど木製建具で、

建具が全部引き込めて全開口できるようになってます。

窓の向こうにアズキ色電車が走ってます。


外壁は竹編んで土塗った後に断熱入れて、白洲そとん壁。


床板は30mm厚、1枚の巾は215mm。

薪ストーブも設けて、お風呂は在来工法ではないけれどハーフバスにして桧板張り。

あと外壁のケラバ部分にFIXガラスをはめこんだり。


かなり大変で楽しい工事でした。

大工さん始め職人さんや水谷さんや周りの皆様に

助けてもらいながらようやく完了した、という感じでした。


見学会は13:30からです。よろしければ是非。事前連絡ください。

実は私は先週もお邪魔しまして、更に来週3月7日は民家がこちらで

薪ストーブの説明会を行います。

お施主様、ありがとうございます。


では行って来ます!