断熱工事。高性能グラスウールやスタイロエースⅡ

和歌山で国産木材と、土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山県紀美野町の木造住宅新築工事、断熱工事についてご紹介します。


断熱の工法や程度は様々ありますが、

当店は基本的に、袋に入っていない裸の高性能グラスウールを柱間に充填し、

防湿シートを別張りしています。


別張り防湿シートを張り、継ぎ目は気密テープでふさいでいきます。

(写真はテープ施工前です。)

コンセントなど配線が防湿層を貫通する部分は、

バリアーボックスという専用部材で気密確保。


以上が当店の外壁断熱の基本仕様ですが、

おそらく最も一般的な工法ではないかと思っています。

袋入りのグラスウールのほうが一見施工しやすそうですが、

すみずみまでキチンと充填しようと思うと逆に難しく、

手間もかかるように思うので採用していません。


玄関土間の下には基礎工事の際に板の断熱材を埋めておき、

外部からの熱の侵入を防いでおきます。


お風呂も断熱張ります。

ユニットバスを設置する際に足元の断熱欠損部分は

発泡ウレタンを吹きます。


以上、当店の断熱工事でした。

床については、基礎断熱を採用したり、

床下断熱にして床下を通気させたり、

ケースバイケースで工法を選定します。

それぞれメリット・デメリットありますが、

選んだ工法の意味を理解し、建物全体に及んで

共通の意識を持って適切に施工することがもっとも大切です。


屋根断熱か天井断熱か、こちらは屋根や天井の納め方によって

自ずと決まってくる部分が大きいと考えますが、

これについても同様で、選んだ工法を正しく理解し

施工することが重要です。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント