top of page

接道義務を満たさない敷地。役所に通って許可もらう。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


大変ご無沙汰しております。

大阪府枚方市のほうで木造住宅新築工事を計画しております。


始めて現場を訪れたのは2月末。

高低差が結構あるので擁壁が要る。

敷地内に平らな部分がほぼ無く、現状では軽トラ1台駐車するのがやっと。

前面道路にもまったく駐停車できるスペースが無いので、

初期は何をするにも道路使用許可を取って通行止め。

付近の道路は3t車規制がかかっているので3t車以上は通行許可が要る。

なかなかハードルの高い敷地です。


そして何より、この溝。道路と敷地の間のこの溝。

これが枚方市が水路として持っている物。

つまり、敷地が道路に接していない。

建築基準法に定められている、

「建築物の敷地は、道路に2メートル以上接しなければならない」を

満たしていない。

まずこれをクリアし、然るべき許可を得てから工事にかかることとなりました。


枚方市の下水道管理課、道路管理課のほか、土木関係の部署などなど、

手あたり次第に通いまくり、

市の指示通り水路にグレーチングで橋をかける計画を立てることで

無事許可を得ることができました。

水路がある敷地は気を付けないといけない、と聞いてはおりましたが、

やはり大変であることを実感いたしました。


今日はここまで。

またよろしくお願いします

0件のコメント

תגובות


bottom of page