御津の家、iphoneでちゃちゃっと写真(外観編)

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


先日、無事に兵庫県たつの市の木造住宅新築工事が完了し、

完成見学会も開催させていただきました。

おうちの建築をお考えのたくさんの方々や、

建築関係のお仕事をされている方々にもお会いでき、

大変充実した時間を過ごすことが出来ました。

このような機会をおゆるしいただいたお施主様には本当に感謝です。


完成後に少し落ち着いて自分で写真を撮ったものを

いくつかご紹介させていただきます。

普通にiphoneで撮っただけですが・・・。


道路から。水平方向が強調されたきれいな外形です。ちょこんと乗った二階がかわいい。


外観の仕上げは、

屋根:ガルバリウム鋼鈑 縦ハゼ葺き

樋:タニタ スタンダード半丸105、鎖樋ensui

外壁:高千穂シラス スーパー白洲そとん壁

   杉・赤身 鎧張り(下見板張り)、ウッドロングエコ塗装

木製建具:ピーラー框戸別注製作。オスモカラークリア塗装。


東から見上げます。

ケラバ側は母屋を伸ばして一番端っこの垂木が破風板のように見える納まり。

軒の垂木は化粧垂木としてます。


玄関へ向かうアプローチ。


左官さんが洗い出しを施工した玄関ポーチの向こうにウッドデッキ。

化粧垂木がきれいに並んだ軒から鎖樋が降ります。

雨水が落ちる際、小さいですが良い音が鳴ってました。


玄関戸は木製建具をオーダーで。透明のLow-eガラスを入れた格子戸。

もう一枚網戸も付いています。

外部の木製建具にはオスモカラーのクリア色を塗って保護してます。


西面。大きな木製建具。戸袋内に引き込めます。

ウッドデッキが玄関から回り込んでここまで連続しています。


普通の2枚引違いサッシの左側を戸袋にして隠しています。

何度かブログに書きましたが、屋内から見るときれいに見えるのです。


外壁のスーパー白洲そとん壁の足元は水切りを設けない納まり。


2階の月見台。薪ストーブの煙突もここに出てます。

ここの外壁は杉・赤身の鎧張り(下見板張りとも言います)と呼ばれる張り方で

下から順に少し重ねながら張ってます。


月見台。

このおうちの屋外の木部はすべてウッドロングエコを塗装。

新築にしてすでに風格が漂い始めています。


夜も撮ってみました。


障子からボンヤリと灯が漏れます。




外観だけで写真がたくさんになってしまったので

今日はここまで。

次回は屋内の写真を掲載します。

またよろしくお願い

0件のコメント