大工造作工事、造り付け家具工事を進めてます。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事、

大工造作工事、造り付け家具工事を進めております。


このL型に交わる窓の枠に固定棚を設置する作業です。

サッシを仮付けしておいて窓枠と化粧の間柱を取り付けて墨をし、

一旦サッシを取りはずして棚を乗せる欠きこみを掘り、

棚板を屋外側から差し込む段取りです。

よく陽の入るサンルームでの作業ですが、

サッシを外すのでめっちゃ寒いです・・・。


棚板が差し込まれました。すべて杉の無垢材で作られています。


引違い窓の真ん中、框の重なる部分に化粧間柱を立て、

また両サイドの框は化粧柱にかぶせ、框が目立たないようになってます。


右隣の棚が無い部分も化粧間柱を立ててます。


こちらの大きな台、階段の1段目となる踊り場です。

1.7m×1.2m、タモ集成材の板をドンと1枚設置。


書斎的なスペース。足元は掘りごたつのように1段下がっています。

ここでパソコン作業したり、趣味の時間を過ごすことが出来ます。


お子様用のデスクが2つ並びます。

2つの間には可動間仕切り壁を設け、子供室を2つに区切れるようになってます。


デスクは杉の巾接ぎ板、野地木材工業㈱さんの

「のじもくまのパネル」で作りました。

巾接ぎ(はばはぎ)とは、複数枚の板を接着し1枚の大きな板にしたもの。

完全な1枚板は非常に高価なので、私どもが作る造作家具は

ほとんど巾接ぎ板で製作します。


洗面台も造作で。

タモ集成材で作ったカウンターに穴を開け、

ここに陶器の洗面器を落とし込みます。

隣にはこちらも造作中の収納棚を設けてます。


造作工事はやっていて楽しい物ですが、なかなかはかどりません。

まだまだ作るものがあるので頑張ってやります。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント