外壁漆喰塗り、ツルッツルです!

和歌山で国産木材と、土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山県紀美野町の木造住宅新築工事、

外壁の一部に真っ白な漆喰塗りを採用しています。


防水紙、ダブルラスという金網を張って準備していた上に、

モルタルを塗っていきます。


まず金網が透けるくらい薄く塗り、



後日2度目のモルタル。割れ防止のため、全面にネットを伏せこんでいます。


モルタル完了。濡れたモルタルの色はキレイだなといつも思います。

乾くと薄いグレーになります。


モルタルが乾いたら漆喰を塗っていきます。

実はこの写真、すでに2回目の漆喰塗りの工程です。

漆喰も一度塗るだけでは無いのですね。


塗りたてはすこしアイボリーな感じ。

先に塗っていた部分はすでに真っ白になっています。


ツルツルに押さえてくれました!


外壁も屋内にも、漆喰をコテでしっかり押さえて

仕上げる機会はほぼ無くなってきました。

凹凸を無くすまで押さえ、ツルツルになった漆喰の壁を見ると、

シンとして身が引き締まるような不思議な感覚になります。

決して安価とは言えない仕上げですが、

私としてもドンドンおすすめしたいので、

頑張ってお安くご提案させていただきます。

漆喰のコテ押え仕上げ、是非いかがでしょうか!?


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント