外壁耐力面材~透湿防水シート「タイベックハウスラップ」

最終更新: 5日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


大阪府枚方市の木造住宅新築工事、

屋根は下地が完了しましたので、外壁の工事へと移ります。


耐力面材を張る前に、面材の継ぎ目にPEパッキンという

薄いスポンジを貼り付けて外部で気密を確保します。


そして耐力面材「ダイライトMS」を張ります。

定められた種類の釘を、決められた間隔で打ち付けることで

強い壁を作り、地震や台風からおうちを守ります。


その上から透湿防水シート「タイベックハウスラップ」を張り、

通気胴縁を取り付けます。

通気については空気の取り入れ口を出口をしっかり設けて、

湿気をスムーズに排出することが非常に大切です。


通気胴縁の上から構造用合板、


防水のため、再度タイベックハウスラップを張って下地はこれで完了。

仕上げの鈑金張りを待ちます。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!