外壁仕上げ、スーパー白洲そとん壁の搔き落とし

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


兵庫県たつの市の木造住宅新築工事、外壁仕上げの様子です。

外壁には「スーパー白洲そとん壁W」を使用し、

掻き落としという方法で仕上げます。



こちらがまず最初に塗る下地材。



当店の助手が左官さんの邪魔してます。



見た目はモルタルに近いような感じ。

先日張ったダブルラスに食い込ませていきます。



この上に仕上げ材を塗るので、それも食いつきがよくなるよう表面は荒めに。



お施主様ファミリーにもお手伝いいただきました!



塗りたて。



しっかり乾燥させると色がかなり薄くなります。

このままでもカッコいい!



次は仕上げ材。




先日塗った下地材に塗りつけていきます。



こちらが搔き落としの作業中。

剣山のようなトゲトゲで、塗りつけた仕上げ材の表面を

ゴリゴリと掻いて落とします。



そしてさらにブラシを横にやさしく引いて表面を整えて完成。



めちゃくちゃ綺麗です! これで外壁の左官工事は完了。 今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント