外壁下地、耐力面材モイスTM~通気ラスまで。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事、ブログに登場しませんでしたが、

並行して外壁の下地工事も進めております。


柱の外側に耐力面材を「モイスTM」を張っていきます。

耐力面材は決められた種類の釘を、

決められた間隔で打って留めることで壁の補強ができ、

地震や風からおうちを守るためのものです。

1枚が巾91センチ、縦が240センチとか270センチとかあり、

それぞれ重さが25kg、28kg。相当重いです。


写真のように下屋と外壁が関係する部分は、

まず耐力面材を横架材間に張り、

それから垂木掛けを取り付けて屋根下地工事に進みます。


耐力面材を張ったので、屋内から見ると一気に部屋感が出てきました。


モイスの上から「タイベックシルバー」をはります。

この商品は、透湿防水シートにアルミを蒸着させ、

遮熱効果を持たせたもの。

普段は、遮熱効果のない「タイベックハウスラップ」を使ってます。


続いて通気胴縁。


通気ラスと言って防水シートとラスが一体になったものを打ち付けます。

これで左官さんが下塗りできるようになりました。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント