外壁、小波ガルバリウム鋼板張り

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事の外壁、

ブログではモイスTMを張って止まっておりましたが、

小波ガルバリウム鋼板を張り終えてます。


モイスTMの上に透湿防水シート「タイベックハウスラップ」。


そして通気胴縁を縦に。

仕上げの小波ガルバリウム鋼板が縦張りになるので、

改めて胴縁を横向きに取り付け。

これで通気が縦にしっかり抜けてくれます。




各箇所、板金工事も済ませて、


小波ガルバリウム鋼板張り、スタートです。


下から上まで1枚の大きな板で張ってもらってます。

継ぎ目が無くきれいですが、張る職人さんは大変そう。


このように角部分に角専用部材を使わず、折り曲げるだけにしているのが

美しく見せるポイント。

これも張る職人さんは大変。

ご苦労おかけしております。




外壁完了です。

波板というと、よく倉庫などに使われている波トタンをイメージされると思います。

実際そうなのですが、色や使い方を工夫すれば、

十分外壁材として使用できます。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント