top of page

壁や屋根・天井の断熱施工

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


兵庫県たつの市の木造住宅新築工事、

前回は基礎断熱のお話でしたが、今回は他の部分の断熱や気密についてです。

外壁の断熱は、基本的には裸の高性能グラスウール(袋入りでは無い物)を

柱の厚み分だけ充填し、別張りの防湿シートを張る、

という方法で断熱しています。

袋入りのグラスウールはどうも逆に面倒そうなのと、

キチンと隅々までグラスウールが入れられているか目視確認しづらいからです。



電気配線が気密層を貫通するコンセント部分は「バリアーボックス」という

気密部材を使って、

こうやってこうで気密確保です。


屋根や天井については状況に応じた断熱施工をします。

屋根断熱の際は性能の良い板系断熱材を、

天井断熱の際は高性能グラスウールを2重に置いてから

別張り防湿シートを張ります。


世の中、さまざまな断熱材や工法はあり、

それぞれにメリット・デメリットがありますが、

いずれにしても正しい施工法を守ることが

何より大事かと思います。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント

Comments


bottom of page