基礎工事着工。コンクリート一体打ちです。

最終更新: 4日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


大阪府枚方市の木造住宅新築工事、

建物本体の基礎工事が始まりました。


既定の深さに掘削し、砕石敷設~転圧。

先に行った湿式柱状改良の柱頭をしっかり出しておきます。


防湿シートを敷きます。



高低差があるので捨てコンもポンプ車で。

この時もやっぱり道路使用許可と通行許可は必須。


鉄筋を組んで、瑕疵担保責任保険の配筋検査をクリアします。


高基礎部分の鉄筋は圧巻。


外周部の型枠を立てて行きます。



高さがあるのでコンクリートの圧も相当。ガチガチに突っ張ります。


ベースコンクリートと外周の立上りコンクリートは一体で打ちます。

ですのでホールダウン金物用はもちろんのこと、外周部については

一般アンカーボルトも打設前に取り付ける必要があります。



打設完了。


内部も打設し基礎完了。

玄関土間の下には断熱材を敷き込んでます。


高基礎、擁壁もガッチリです。

ここから木工事へと続いていきます。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!