基礎工事着工。

最終更新: 5日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事、基礎工事が始まりました。



掘削深度を確認しながら、重機を使って掘っていきます。


掘り終えたら砕石を敷設し転圧し、


防湿シートを敷いて、捨てコンクリートを打設。


翌日、乾いた捨てコンクリートに型枠を立てる印を付けていきます。


その印通りにまずは外周の型枠を立てます。

外周部はコンクリート一体打ちの打ちっ放し仕上げなので、

まっさらの型枠を使ってくれています。


鉄筋を規定通り組み終えたら、瑕疵担保責任保険の配筋検査に来てもらいます。

無事に指摘無しで合格です。


東西に長い建物です。


外周部の内側(外とか内とかややこしいですね)の型枠を立てます。


ベースコンクリートと外周立上りコンクリートを一体打ちしますので、

外周部のアンカーボルトとホールダウン金物用のアンカーボルトすべては

この時点で取り付けないと埋め込み深さが足りなくなります。

次回はコンクリートの一体打ちです。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!