top of page

和歌山県最高峰だけど登りやすそうな護摩壇山へ。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


先週の田辺市高尾山での敗戦を踏まえ、「和歌山県の山」という本を読み、

ここは初心者向けなのではないか、ということで護摩壇山へ行ってきました。


ごまさんスカイタワーの駐車場からスタート。

バイカーや観光客が結構いてはります。

外国の方もバスツアーで来られてました。

ここもトイレもあり有難い。

先週買ったトレッキングポールを手にこの時点ではまだ元気。

ダニなどの虫から守るため長袖を着用するようにしました。

ちゃんとGPSのアプリを使って道迷いしないようにも注意。


最初は階段が続き、なかなかしんどいですが、やがて平坦で歩きやすくなる。


すぐに護摩壇山、山頂。

標高1,372mもありますが、スタートの時点で1,250m超えているので

ほとんど登っていません。


護摩壇山頂の眺望。高い山であることが実感できます。


さらに東へ向かいます。


私。

おじいちゃんみたいな配色やな。ちょっと考えなければ。


和歌山県最高峰の龍神岳、標高1,382m。


そうか、最高峰だからここより高い山はこの近くには無いんやな。

当たり前やけど。


普通に歩けば落ちることはないかもしれないけど注意して。


変なところから真っ赤なモミジの葉。


写真ないですが、このあと南へ向かい、

護摩壇山森林公園まで行って戻ってきました。

5時間弱歩いて、距離は12.7km。

今回はトラブルなく、無事に帰って来れました。


それでも実は一回道を間違えていることに気づかず進み、

1km弱ほど引き返した場面がありました。

本に書いてあったのですが、心理的に

「迷っているかもと思ってもそのまま進んでしまいがち」

らしいです。その気持ちわかります。

「ここまで来て引き返すの?いや、この道でも行けるやろ」、

ってなってしまいます。

ちゃんとアプリで事前にルートを設定して行かねば。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page