和歌山市の木造住宅新築工事、スタートです!

最終更新: 4日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


計画を進めておりました、

和歌山市の木造住宅新築工事、着工です。


敷地全景。

地盤調査の結果、地盤補強工事が不要という判定が出ましたので

基礎工事からのスタートとなりました。


深さを確認しながら重機で掘削していきます。


全体に砕石を敷設して転圧。


地面から湿気が上がらないように防湿シートを敷き込んで、

捨てコンクリートを打設。

乾いたら捨てコンクリートの上に今後の作業を行うための印を書いていきます。


外周はコンクリート打ちっ放し仕上げとするので

まっさらの型枠を。

鉄筋を組みあがったら瑕疵担保責任保険の配筋検査を受け、

合格してから次の工程に移ります。



ベースコンクリートを打設します。

この時すでにホールダウン金物用のアンカーボルトは鉄筋に固定しています。


今回のおうちは「床下断熱工法」を採用しますので

コンクリートの一体打ちはしません。

従来の住宅同様、床下はしっかり通気するため、

ベースと立上りのコンクリートの打ち継ぎは特に気にする必要はありません。


「基礎断熱工法」を採用した場合、

床下は通気することなく完全に密閉され室内と同じ温熱環境となり、

シロアリにとっても活動しやすい環境となってしまうため、

シロアリを侵入させない事が大事になります。

コンクリートの打ち継ぎ部分も侵入の可能性があるので、

基礎断熱工法の時はベースコンクリートと外周立上りコンクリートを一体打ちとし、

打ち継ぎ部分を作らないようにしています。


ベースコンクリート打設後、立上りの型枠を組んでコンクリート打設します。

打設前に必ずアンカーボルトを固定しておきます。


型枠撤去。キレイな打ちっ放しコンクリートが打てました。

玄関と浴室部分には断熱材を敷き込んでいます。


玄関の内外を増し打ちコンクリートでかさ上げして基礎工事完了です。

いよいよ木工事にかかります。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!