初めて加工、ウォールナット。上がり框にします。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


和歌山市の木造住宅新築工事で、私自身初めてウォールナットを加工しました。

ウォールナットは家具などによく使われる、深みのある濃い茶色の広葉樹。高級です。


今回、フローリングにアカシア材を使用するので、

材木屋さんに同じものを探しに行きましたが無く、

じゃあ似たものは?となり、ウォールナットを選びました。


さほど多くの樹種を加工した経験はないですが、

加工してみて初めてその木が自分の中に入ってくる、

新たな樹種を獲得する、という感覚があります。

なので、高いけど加工してみたい!という興味が湧いてしまい

購入に踏み切りました。


荒木で購入したのでこの状態。

それぞれ半分に割って使います。


荒木なので表面も木端(側面)もガサガサ。

家具として仕上がったウォールナットとは異なる印象。


木端をマルノコで引いただけで、一瞬で高級感、ウォールナット感が溢れてビックリ。


簡単な加工をして、


玄関に取り付け。


周辺に似た色のフローリングを選んだので、違和感なく納まりました。


半分は吹抜け部分にも使用。

こちらは少々色の差があるようにも見えます。

框もフローリングも本物の木なので、バッチリ合わせるのは難しいですが、

色を塗って合わせに行くより良いのかなと思い、このようにしました。

いいんじゃないでしょうか。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント