「ミナペルホネン/皆川明 つづく」兵庫県立美術館

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


兵庫県立美術館で開催中の展覧会、「ミナペルホネン/皆川明 つづく」に

行ってきました。


ミナペルホネンについて、私自身は全くと言っていいほど知らないのですが、

その生地は家具などに使用され人気なのは知っております。

やはり建築に携わる仕事をしている者として、

全く知らないでは済まされない気がしたので行って参りました。

入ってすぐあたりに、おそらく代表的な模様であろう「タンバリン」の

紹介がありましたが、その時点ですでに「ええなぁ」と思ってしまいました。


基となる図案と、出来上がった生地を並べてあります。

中には、「よくこの指示でこの生地ができたな」と思う物も。

実際はその図だけを基に作るわけではなく、細かな指示はあると思うのですが、

それを形にしていく職人さんたちの力も感じます。




服も女性用ばかりだったように思いますが、

自分が女性だったら着たいと思わせられるものがたくさんありました。


見て回った結果、なるほど皆様に愛されているのはよくわかった気がします。

得たものがある気になっているだけかもしれませんが、行ってみてよかったです。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント