「ギュスターヴ・モロー展(サロメと宿命の女たち)」

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


あべのハルカス美術館で開催中の

「ギュスターヴ・モロー展(サロメと宿命の女たち)」に行ってきました。

モローさんのことはまったく知りませんでしたが、

日曜美術館で予習をして臨みました。

お母様と、一人の女性を強く深く愛し続けた男性の画家で、

そのことが描かれる絵にも大きく影響を与えてそうです。


代表作「出現」に書かれたコピーが「愛して、夢みる」とありますが、

別にサロメは洗礼者ヨハネを愛していないのでは?と思うのですが

どうなのでしょうか?

絵の解釈に誤解を与えそうですが、そうでもないのでしょうか。


(以下、購入したポストカードを撮影しています。)

絵画鑑賞歴が短い私でも、洗礼者ヨハネとサロメをモチーフにした絵は

しょっちゅう見かけます。

何かの本で見ましたが、絵の中で首を切断されているのは

だいたい洗礼者ヨハネ、ホロフェルネス、ゴリアテ、

この3人らしいです。


サロメ練習中。

女性を描くのにものすごく執着していたようです。


自画像 with 恋人。

こんなかわいらしい絵も描くとはびっくり。


その恋人が亡くなった後に書かれた絵。

画家の絶望が強烈に伝わってきます。


全体的に「楽しい」という表現は適していない雰囲気でしたが、

何というか楽しめました。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント