もう一つの外壁、杉赤身の鎧張りにウッドロングエコ

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


兵庫県たつの市の木造住宅新築工事、

スーパー白洲そとん壁の工事は先日ブログに書きましたが、

一部に木の板で仕上げた箇所があります。



屋根からポコンと飛び出した部分が板張りに。



板は杉の赤身にウッドロングエコという塗装を施したもの。

左官材部分とは異なり、通気胴縁の上にすぐ板を張って仕上げになります。



下から順に張っていき、先の板に少し重ねていく張り方。

「鎧張り」とか「下見板張り」に当たるものと思っています。

軒天にも杉板を張って、通気の抜け口となる穴を開けてます。




完成です。 ウッドロングエコは、木がいい感じに経年変化する風合いを

すぐに楽しめる塗装です。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント