お大師さん、落慶法要

最終更新: 4日前

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


2月7日(日)、改装リフォームが完了していた和歌山県紀美野町大木大師堂にて

落慶法要が執り行われました。

(※落慶法要=寺社などの新築や修理の完成を祝う法要。)


事前に「祭壇のちょうちんを少し移動させてほしい」と頼まれていたので、

30分前に到着したのですが、すでに皆様集まっておられ、

ちょうちんも移動させてくれていました。

やってしまった・・・。このあたりの時間の感覚を身につけねば。

(※なかなか良いポジションをキープ。正座はわりと得意。)


この日は30名の方々が集まり、午前中に地域の皆様だけでお経をあげて、

お昼はお弁当をみんなで食べて少しだけお酒も飲んで、

午後から近くのお寺のお坊さんがいらして再度お経をあげました。

最後にお坊さんから、

「天気が良いせいもあるが、入ってきた時にとても明るく感じた。

お大師さんもお喜びでしょう。

このお堂はこの地域の端の山中にあり、ご先祖様たちが

『ここなら地域を守ってくれるだろう』と願い、

この場所に建てられたもの。町中にあるのとではまったく意味が違う。

これからもしっかり守っていってほしい」とお言葉をいただき、

身が引き締まる思いです。


よそから越してきた何者かもわからない私どもに

工事をお任せいただけたことを感謝しています。

ありがとうございます。

これからも妻ともどもお世話になります。

よろしくお願いします。


追記:お昼ご飯の残りのお味噌汁を鍋ごといただきました!

美味しかったー。

最新記事

すべて表示