「風神雷神図屏風」京都国立博物館へ。

和歌山で国産木材と土・紙などの自然素材を用いた建築を行っております、

山下木造建築店です。


国宝の俵谷宗達の風神雷神図屛風、またそれの精密な複製品と、

さらに尾形光琳の風神雷神図屛風の複製品が見られるということで、

初めて京都国立博物館へ行ってきました。


広い敷地にゆったりと建物が建てられています。


こちらは俵谷宗達の複製品。

ガラスなどで仕切られていないのは複製ならでは。


こっちが尾形光琳。


絵のことはまったくわからないので、どっちがどうとかはよくわからないですが、

宗達を光琳が模写し、その光琳の風神雷神図屛風の裏に

酒井抱一が「夏秋草図屏風」を描いたのを思うと

そのストーリーは面白いなと思います。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!



0件のコメント