「ウィーン・モダン」展覧会に行ってきました。


山下木造建築店です。


大阪市の国立国際美術館で開催されている、

「ウィーン・モダン(クリムト、シーレ 世紀末への道)」、

という展覧会に行ってきました。

クリムト以外は名前も知らなかった私ですが、

NHKの「日曜美術館」を見て何となく予習はして行きました。



この1枚の絵だけ撮影を許されていましたので、実物を写したものです。


以下、購入したポストカードの内から撮影しています。

最も心を動かされたのはクリムトの「パラス・アテナ」。

ウィーン分離派を立ち上げ既存の勢力に挑んでいくクリムト達の思いを、

戦いの神であり芸術、知恵の神でもあるアテナ(=ミネルヴァ」に

重ねて表現したもの。ザックリいうとこんな感じらしいです。

そういう強い思いを持って描かれた絵が、

今実際に目の前にあると思うとゾクゾクします。

人波を逆流して3回戻ってこの絵を見に行きました。


私自身アテナが好きというのもあります。

平和のために戦う姿が描かれたりすることもありますが、

彼女は産まれた時にすでに完全武装した姿だったそうです。

なんかすごいお話です。



しかしクリムトって初期のころはキレイな絵を描いてたんですね。


左右の金地に描かれた花は日本画の影響なのでしょうか?

この絵は縦に3分割されてますが、縦2本の仕切はアルミのような金属に見えました。

このアイデアは何か仕事に活かせるのではないか、という直感はありますが、

今のところ何も思いついていません。


他にも当時の建築や家具、衣服なども展示されており、

見ごたえがあってとても楽しく過ごせました。


見終わるころには外は真っ暗。

まだまだ開催期間はあるのでまた行きたいです。


今日はここまで。

またよろしくお願いします!

0件のコメント